安全な留学生活の為に

これからあなたが留学する場所は見知らぬ土地である事が多いと思います。

そのため、日本にいた時よりももっと気持ちを張り詰めて生活する事をお勧めします。



場所によっては治安の良しあしが大きい場合が多いです。

格差がとっても大きいのです。



日本を出発した時点から自分の持ち物などにも気を付けていきましょう。



「すり」などはいつどこでも起こります。

詐欺的な犯罪も多いので気を引き締めていきましょう。



突然片言の日本語を話しながら巧みに接近してきます。

特に人通りの無い所では特に注意が必要になります。



裏路地では大勢にぐるりと囲まれてしまう事もあるため、気をつけましょう。

日本と違い、海外では表と裏路地の雰囲気ががらりと違う事が多いので注意が必要です。



大勢に囲まれてどうしようもない時は、

持っている有り金をすべて渡してしまうと良いでしょう。



あなたの命が欲しいわけではありません。



抵抗しない方が賢明です。



また窃盗も厄介です。



著者もイギリス留学(英国留学)時に、

大学構内にとめていた自転車を深夜かなり太いワイヤーのカギごとバッサリ切られて、

盗まれました。



自転車の鍵は全く通用しません。

まるで紙のようでした。

サドルやタイヤなど部品も簡単に盗まれます。



自転車前後ライトもすぐ持っていかれてしまします。

その他自転車部品も気を付けて管理しましょう。



大学指定の青空駐輪場でも危険です。

その後、自転車専用の扉の付いた車庫が完成しました。



自転車は日本と比べてとっても人気があります。



最近ではパソコン・スマホなども特に気を付けて行きましょう。

パソコン・スマホもあっという間に持っていかれてしまいます。

持ち歩いているだけで人気スマートフォンはとられてしまう事もあります。



アップル社のiPhone(アイフォーン)などは特に人気があります。

また高級品でもあります。

転売目的でとられる可能性があります。



混雑している場所では特に注意してください。



パリに旅行中、

混雑している地下鉄の階段でバッグのチャックを開けられかけた時がありました。



注意したら逆切れされました。



自分の視線の中で確保してください。



ズボンやスカートなどの後ろポケットに入れっぱなしも大変危険です。

日本みたいに物を置きっぱなしで座席をキープすることはしない方が良いと思います。

そのまま持っていかれてしまいます。



自分の室内だから良いという安心感は持たない方が賢明です。

留学中では、ルームキーパーさん達等いろいろな方が出入りする場面があります。



街中にドラッグ中毒者はたくさんいます。

(突然)発狂している人がいたら近づかない事が賢明です。

昼夜関係ありません。



留学生活中にドラッグパーティも至る所で開催されています。

誘われる事もあるかもしれませんが、参加されない事が賢明です。



海外で麻薬密輸ほう助にならないように注意しましょう。

突然見知らぬ人に頼まれて、

密輸のほう助をすることはしないように気を付けてください。



見知らぬ人に住所や個人情報だけを教えてしまう事も危ないです。



その他いろいろあります。



あなたの留学生活が台無しにならないように、

楽しく充実したものになるように行動していきましょう(^^)。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする