英語は繰り返し学習しましょう

このコーナーでは英語について書いていきたいと思います。


英語は繰り返し学習しましょう。


英語に普段から親しんでいないとすぐ忘れてしまします。

同じ教材を何度も繰り返してみると、その教材の良さが身にしみてわかる時が来ます。

これだと思う教材は使い倒しましょう。

音読、リスニング、読むだけ、ライティングなど他方面で楽しみましょう。

その教材は音声の副教材が付いている物をお勧めします。

1つの単語だけを無理やり覚えようとしても効率はあまりよくありません。

文章になっている英文の中にある単語として覚えていくと効果的です。



ネイティブスピーカーの発音に出来るだけ真似てしゃべると良いです。



名付けて「オウム英語」です。

オウムなどのインコが人の言葉を真似する方法です。

我が家のインコちゃんも良く真似をしていたことを思い出します。

かわいかったです。それでは5感をもとにして自分の英語にしていきましょう。



英語は勉強しているのになかなかレベルが上がらない方には、英語上達法があります。



それはボキャブラリーを増やしていくことです。

英語力=英単語の知識量だからです。

たくさんの英単語を知らないと何も分かりません。

留学先などではネイティブは日本でいういわゆる難単語を普通に扱っています。

それが当たり前の世界です。

その当たり前の世界に行く前に、慣れ親しんでしまいましょう。

難単語一つでいくつもの英単語を並べたセンテンス以上の説得力があります。

難単語は大人の単語とも言われています。

大人なあなたにはぴったりの英単語です。

なかなか記憶する事が出来ないかも知れません。

繰り返し、繰り返しの方法で自分の英単語にしましょう。



時間の使い方も工夫が必要です。



時間がとれる時は、そのまま学習して下さい。5分でも時間を作り、出来るだけ毎日親しんでいきましょう。

やめてしまうとすぐ忘れます。もったいないです。効率的にすぐ覚えるという事はなかなかないです。

時間はかかりますが、継続は力です。

学生の頃は通学電車の中で、ウォークマンを使いリスニングの練習をしていました。

繰り返し同じ教材を使用していました。

そのおかげで、ほぼその教材をマスターできました。

その頃ぐっと英語力が上がった事を思い出します。



スピーキングでは間違っていても良いので、どんどんしゃべるようにしましょう。



少しくらい英文法が違っても、ネイティブの方は聞いてくれます。

学校のテストではないので気楽に構えましょう。ぜひネイティブのまねをしましょう。

まるで物まねだと思います。英語とジェスチャーも同じようにまねしていきたいですね。

英語のネイティブになりきりましょう。これが「オウム英語」です。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする